尾西繊維協会トップページへ 
尾西毛織工業協同組合へ お知らせ アクセス 尾州の桜情報 書き込みボード
尾州のご案内    尾西繊維協会役員名簿  尾西繊維協会へメール 
愛知県撚糸工業組合 協同組合一宮繊維卸センター 愛知毛織物整理協同組合 一宮織物修正協同組合 BISHU COLLECTION 2013







尾張繊維技術センターはFDCと同じ敷地にあります


センサー織物など、ハイテク繊維を開発しています



水に反応するセンサーを埋め込んだ織物をおむつにしました





織機でこの柄が織れるのです。


もちろんジャカードではなく


この簡単な仕組みで・・。利用価値がいろいろと考えられます。







 一般の方の利用を中心に考えてみましょう 

尾張繊維技術センターは、FDCに隣接しています。本来は、繊維企業に対し技術支援を行う機関で、昭和5年に開設されました。では、まず一般の方の利用とは・を考えてみました。









               














 繊維以外の方で、繊維の技術を使って商品開発を考えておられる方 

 現在尾張繊維技術センターは、繊維企業に対しての繊維技術の開発というよりは、もっと広範囲に、たとえば、繊維技術を使ってハイテク製品を作るなどの研究を重点的に行っています。繊維にセンサーを織り込んで、水に濡れたことを関知するなど、五感の視覚以外の機能を開発しています。
 












                 
















 織物の専門的なプログラムを無料で使用できる 

 織物構造シミュレーションでは、バーチャルに織物の立体構造をシミュレートでき、申請すれば無料で使用できます。市販でもありますが、非常に高価なソフトで、試してみるのには向きません。そして、ある面では、立体構造を解析して、実際の織物のように見せることに関しては、こちらの方がかなり進んでいます。
 










                













 織布技術の達人 

 織物生産の実際の行程を、動画を使って詳しく解説しています。
ホームページ上に動画・解説がアーカイブされており、どこからでも自由に見られます。
繊維産業の中で、織物生産の理解は欠かせません。デザイン・縫製・小売りの方から見ても、織物技術は自分たちの品質に重要なアイテムです。













                















 もちろん中心は、繊維産業支援 

 各種の検査、技術支援、現在はソフトウエア・ハイテクの技術を持った方がみえるので繊維IT支援など、尾州の中では尾張繊維技術センターは重要な位置にいます。検査などを中心に、地元・繊維産業以外にも解放されていますので、一度相談してみてください。

ここのホームページはデータが良くアーカイブされており、利用しやすいところが好感を持てました。webでは、格式の高い言葉や、心地良い言葉より、いかにデーターを蓄積して、見やすくするかが求められます。

http://www.owaritex.jp/test/chargelist.html 検査のページへ









               







オフィシャルHP

地図・アクセス


項目 内容
正式名称 愛知県産業技術研究所 尾張繊維技術センター
住所 〒491-0931 愛知県一宮市大和町馬引字宮浦35
TEL&FAX  TEL 0586-45-7871 FAX 0586-45-0509
沿革 昭和 5年 9月 愛知県尾張染織試験場とし業務開始
昭和43年11月 愛知県尾張繊維技術センターと改称
平成14年 4月 組織統合により愛知県産業技術研究所尾張繊維技術センターと改称
お問い合わせ お問い合わせ方法
http://www.owaritex.jp/inquiry/index.html
お問い合わせフォームを使う
http://www.owaritex.jp/cgi-bin/askform.cgi